BLOG
連日大谷翔平選手の活躍の報道がすごいですね!
 
正直これまで野球にあまり興味がなかったので
二刀流がどれだけすごいかどうかとか彼がどういう人なのかという部分を知らなかったのですが、
やはりメジャーで単身乗り込んでいって活躍するというのが連日報道されていて
興味を持ってしまいました^^
 
並み居る強打者揃いのメジャーのバッターを
バッタバッタとなぎ倒していく投手としての能力もすごいのですが、
開幕で1週間で3HR打ったりとバッターとしてのパフォーマンスもものすごく高く、
本当に飛ぶ鳥を落とす勢いというか、
アメリカのメディアで彼が「この惑星の生まれではない」と言われるのもなんだか理解できます。
 
引用元:baseballking.jp
 
とにかく誰もやったことがないことを平気でやってしまうので
レベルが異次元だと感じるわけですし、実際に本当に異次元なんだと思います^^;
 
もちろんパフォーマンスの部分においても見ていて気持ちいいので
ずっと見ていたくなってしまうのですが、さらに興味が湧いたのは
彼がどんな人物なんだろうか、ということ。
 
だって誰もなし得なかったことをさらっとやってしまう人間が
普段どんな人物かってめっちゃ興味ありませんか?
 
僕も誰もやったことないことに挑戦していく身としては
すっごい興味湧きました。
 
なのでやっちゃいましたよ。。。^^;
大谷翔平選手の動画を色々見はじめてしまいました。。。
 
そして。。。どんどん惹き込まれてしまいましたね。
もう僕は生粋の大谷ファンw
 
試合の度に始まる前からソワソワしながら速報待っている自分がいますw
「うわ〜今日悪天候で大谷の当番なくなったよ」とか、
「中指のマメ大丈夫かな?マジでちょっと心配^^;」
みたいに思ってる自分がいる笑
 
今まで野球にそんな興味を示すことがなかった人間がこれですから
野球ファンの方とか元々大谷ファンの方は狂喜乱舞でしょうね^^
 
で彼の動画を見ていてすごく伝わるのは
「世界一の野球選手になるんだ!」という決意と情熱ですね^^
 
本当に野球が好きなんだろうなぁと外から見ていてもわかります。
 
もはや好きというレベルを超えていて
野球のことを考えるのは空気を吸って吐くかのような感じじゃないかと思います。
 
すっごいわかるなぁと思うのは自分の陸上に置き換えてみると全く同じだから。
 
僕は確かに陸上短距離が好きっていうのもあるんだけど、
何が好きかって言われたら”自ら全力を出してその時できる最高の走りを追求する”、というコト。
それ自体が最幸なんですよ^^
 
そう思える競技に出会えたこと自体幸せなことだと思ってます。
 
だから隣に人はいるし、ハタからみると競い争っているように見えるんだけど、
お互いに高め合っているという意味では感謝すべき存在だし、
好きなことを今だに続けられてるという意味では幸せです。
 
もちろん、やるからには勝ちたい。記録も出したい。結果を出したい。
それはどんなスポーツ選手でも同じだと思います^^
 
誰かに負けるのも確かにイヤなんですけど、
何よりもイヤなのは自分の最高だと思えるパフォーマンスを出せないこと。
 
昨日の自分よりも今日の自分、今日の自分よりも明日の自分、と成長していくために日々「今日はこれは絶対にやる!」と決めたことをやり切って前進していくわけで。
 
それは心技体含めあらゆる要素があるんですけど、特に心の部分が大きいです。
心の部分の弱さって普段から見えていたらいざという時やはり出てしまうので。
 
100mやってたら顕著ですよ^^;
いつも通りの走りが3歩目まででできなかったら修正することはなかなか難しい。
決めなきゃって思うと逆に力が入ってしまったり。
 
ただその兆候って普段から出てたりする。
普段から本番だと思って緊張感持っていたら、心の部分を鍛えていたら
ムダな力が入ったり緊張することって減ってきます。
 
要は準備がすごい大事ってことです。
準備が100%できてなかったら100%自分のことを信じるのって難しい。
どんな状態でも俺は最高の走りができるって信じれたらそりゃ最高のパフォーマンス発揮ができます。
 
そのために練習という名の準備をしてる感じでしょうか。
 
大谷選手はそこがとてつもなくうまいなぁ〜と思わされます。
まだ年齢では若干23歳にも関わらず、冷静に自分のことを分析して
強みや改善点を把握して試合に合わせて自らをマネジメントして調整していく能力は明らかに高いです。
 
PDCA能力がすごくあるということですね。
きっと相手や自分の研究を怠らず日々前進しているんだと思います。
 
それは彼の「伸び代しかない!」という言葉にも表れているかなと。
何より試合できちんと結果を出すためにオープン戦ではほとんどスライダーだけ投げたり、スプリットだけとか。色々試して学んで実践して改善する、ということを繰り返しています。
 
バッティングに関しても日本にいるときは足を上げて打つ感じだったのに
今はノンステップで打ってますし。
引用元:full-count.jp
 
僕は野球の技術に関してはど素人なんでわかりませんが、
彼が環境の変化に応じて自ら変化し続けている、ということはわかります。
 
周りにいる人の助言を素直に受け入れて実践してみて、
取捨選択していることもかなり影響しているんじゃないかと思います。
 
これはダーウィンの進化論にもありますよね。
「力がある者が生き残る訳ではない。変化に適応できる者が生き残る」
まさしく彼はこれに当たるかなと。
 
僕はといえばもちろんやることが学生時代と全く違うため
違うパフォーマンスが現れてるわけですけど、
環境が変わったからというよりはもっと異次元レベルで速く走れるようになりたかった、という強い想いだけでした。
 
大谷選手とそこは違いますし、どちらが良い悪いではないんですけど
とにかく最高の自分になるために変わり続けていく、ということが
大事かなってあらためて感じました。
 
そうするためには自分の願望が明確な必要があります。
だから彼はいつまでにどうなりたいのかっていう目標が
クリアに明確なんだと思います。
 
ということで(?)これからも大谷選手をめっちゃ応援したいと思います!!
活躍が楽しみだな〜♪
ガンバレ〜(ง •̀ω•́)ง✧
 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。